家作りの第一歩はココから!

省エネ住宅とは

地球温暖化が問題となっている今、様々なエネルギーを抑えようと働きかけています。平成11年には、国土交通省では住宅の省エネルギー基準を改正、次世代省エネルギー基準を定めました。この次世代省エネルギーに適う住宅のことを、省エネ住宅と呼んでいます。省エネ住宅は、光熱費、水道費などが節約できるだけではなく、快適に過ごせることも大切となります。家庭で使われているエネルギーのほとんどは、冷暖房と給湯。そのため、この冷暖房のエネルギーは少なくても、真夏も真冬も快適に過ごしやすい住宅が、省エネ住宅といえます。また、健康的に過ごせるように、結露などが原因でカビやダニが発生しないようにすることも大切。ヒートショックなどのストレスが少ないことも、重用となります。そして、家の耐久性も大切。いくら省エネが適う住宅でも、長く住めなくては意味がありませんからね。そのため、結露などによる建材の劣化などを抑制できることが必要となります。

 

この省エネ住宅を、実際に適えてくれるのはまずは断熱。断熱材で家全体を包むことで、夏は熱が家の中に入らないように、冬は暖かい空気が逃げないようにすることができます。また、温度差が少なくなるため、結露などの発生も抑える効果もあります。また、換気も大切。家を建てる際には、空気の流れを作ることもポイントとなるということ。そして、私たちが出来る遮熱は、カーテンやブラインド、植栽などによって行うことができます。このよに、省エネ住宅とは暮らしていく私たちだけでなく環境にも優しい家ということではないでしょうか。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市