家作りの第一歩はココから!

遮熱

省エネ住宅は、みなさんにとっては身近な存在でしょうか。古い家に住んでいるから、省エネ住宅なんて…と思われている方も多いのではいでしょうか。

 

では、省エネ住宅にはどういった工夫がされているのでしょうか。省エネ住宅のポイントのひとつ「遮熱」についてご紹介しましょう。遮熱とは、熱を室内に入れない効果のことをいいます。最近の家は、断熱化が進み外の暑い空気は入りづらくなっています。しかし、一度暑い熱が入ってしまうと、外に出すのは難しいといえます。そのため、直射日光などを家に入れないように、窓に遮熱対策を行っています。まず、窓の内側にはブラインドやカーテン、障子などを。また、外側には植栽やひさし、遮熱ペアガラスなどを用いています。窓には、遮熱性の高い窓を利用していることもあげられますね。

 

このように、省エネ住宅では窓から熱対策も行っていることになります。でも、カーテンやブラインド、よしずや植栽などは、古いお家でも実践することができるのではないでしょうか。こういったものを上手に利用して、家の中の温度を下げ、エアコンの設定温度を下げることで、省エネを行うことができますよね。最近の夏は、温度が高いこともありますから、こういった工夫も必要になるのではないでしょうか。エアコンは、体にも悪影響を与えることもありますから、無理のない程度で自然の風を入れるなどの工夫を行ってみてはいかがでしょうか。これも、ひとつの省エネとなるのではないでしょうか。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市