家作りの第一歩はココから!

ドア

今は、省エネ住宅なども増えてきましたよね。省エネ住宅は、断熱性や気密性がとても高くなっています。

 

しかし、省エネ住宅でも窓やドアは、省エネに対しては非常に弱点となる部分。玄関のドアなどは、開閉する回数も多いですよね。また、外の空気が入りやすい部分となってしまいます。玄関の扉などは、アルミ製のドアが多く近づくだけでも冷気を感じることも。結露などが見られることもありましたよね。しかし、現在ではアルミ製のドアでも内部に断熱材を入れ、ガラス部分は高断熱ガラスを用いるなどを行い、断熱タイプのドアが開発されています。玄関ドアを、こういったドアにすることで、省エネ効率は高まることになります。また、玄関ドアのふちが、ゴムなどがあるタイプがありますよね。そういったタイプは、何度も開閉されることで硬くなったり、ヒビがはいっていることもあります。隙間風が入るという方は、一度このゴム部分をチェックしてみてはいかがでしょうか。ゴムを取り替えたり、位置を調整することで隙間風を抑えることができますよ。

 

また、日本は昔から引き戸が主流でしたよね。引き戸は、面積が広いため風通しが良くなります。しかし、機密性は少ないといえます。しかし、最近ではこの引き戸でも機密性の高い引き戸が開発されています。省エネ住宅では、既に多く使われています。

 

このように、断熱性、機密性の欠点といわれていたドアなども、今では開発により進化しているということ。これから、更に幅が広がっていくのではないでしょうか。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市