家作りの第一歩はココから!

待機時消費電力

みなさんは、お出かけの際に様々な電化製品のコンセントはどうなさっていますか。コンセントは、さしっぱなしという方多いのではないでしょうか。こういった電化製品を使っていない間、プラグをONにしている状態のことを待機時消費電力といいます。

 

例えばテレビの場合、電源は切っていてもプラグをONの状態にしているだけで、テレビ本体はメモリや内臓の時計などのために消費していることになります。また、リモコンからの指示を待っている状態にもなっています。ということは、テレビの映像は流れていない間でも、プラグがONになっているだけで電力が発生しているということになります。実は、この待機時消費電力、ご家庭で消費している電力量は年間約6パーセントを占めているというから驚きませんか。待機時消費電力は、意外にも馬鹿に出来ないということがお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

では、こういった待機時消費電力はどういったら減らすことができるのでしょうか。一番良いのは、使用していない時はプラグを抜くこと。しかし、設置場所などによってはプラグをいちいち抜けないという方も多いと思います。そのため、今はスイッチ付きのタップが販売されています。こういったものを利用して、こまめに電源を切ることが大切となります。また、オートOFF機能を利用することも効果がありますよ。

 

このように、待機時消費電力はこまめにプラグを抜くことで、消費を抑えることができます。まずは、スイッチ付きのタップ購入から始めてみてはいかがでしょうか。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市